TOP » 【娘の家出】原因・行動・調査方法全ガイド » すぐに保護できない場合に起こり得ること

すぐに保護できない場合に起こり得ること

ここでは、娘さんの家出後すぐに保護できなかった場合に起こり得る事故や事件を紹介します。

家出した娘が巻き込まれる事件・事故とは…?

少女の家出には、さまざまな危険が伴います。性犯罪やその他の犯罪に巻き込まれたり、初動が遅れて発見が遅くなったために遺体で発見された…という最悪のケースも考えられるでしょう。

まずは以下に、家出で巻き込まれる可能性のある事件・事故を挙げてみました。

  • 性犯罪目的で「泊めてあげる」などと言い寄られる
  • 性犯罪に巻き込まれてしまう
  • 恐喝や強盗に遭う
  • おいしい話を持ちかけられ、知らず知らずのうちに犯罪に加担してしまう
  • 当てもなくフラフラと彷徨っている最中に不注意で事故に遭う
  • 土地勘のない場所で災害が起き、避難が遅れる
  • 自殺をしてしまう

娘の家出がわかったら、とにかく急いで警察に届け、同時に探偵事務所や興信所にも捜索の依頼をすることが重要です。うちの娘が家出して、2日ほど帰ってこなかったことがあり、警察の他にもいくつか探偵事務所に相談をしました。言われたのが「娘さんの家出は依頼が多い」ということでした。やはり、女の子の方が犯罪に巻き込まれる可能性が高いから…ということです。

もう依頼に行こう!と思ったところで、娘が帰ってきたので依頼はしなかったのですが、電話でもらったアドバイス(連絡の取り方、メールの送り方やタイミング)なども非常に参考になりました。その時の電話対応や探偵事務所の費用、評判などをこのサイトで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

探偵事務所3社の費用や対応感想はこちら

実際に家出少女が巻き込まれた事件

実際に起こってしまった、家出少女が巻き込まれてしまった事件をいくつか紹介します。

家出少女を約8ヶ月間マンションに軟禁したうえ、ホテルで売春をさせていたとして大阪市在住の古物商M容疑者(44)と同市の無職少年(17)を逮捕(児童福祉法違反容疑)。客は約800人にのぼり、このうち身元が確認できた大阪府総務部課長補佐(48)ら33人が書類送検された(児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑)。M容疑者は、出会い系サイトで知人が誘い出した家出中の徳島県内の少女(17)を少年のマンションに軟禁。テレクラを通じて誘った客を相手に、1人15,000円で淫らな行為をさせていた疑い。少年は監視役として共に生活し、少女には1日500円の食事代しか与えていなかった。ホテルへ向かう際も常に見張り、「8時起床、9時始業」「客は1日6人以上」などのノルマも強要していた。

参考:東京BREAING NEWS http://n-knuckles.com/street/trends/news000289.html
※ソース元記事が削除されているため、二次情報となります。

2014年8月、栃木県佐野市で段ボール箱に入れられた女性の遺体が見つかった。女性は、2年前から行方不明となっていた埼玉県出身の16歳であることが判明。発見翌日に、住所不定・無職の岩崎容疑者(45)が出頭し、死体遺棄の疑いで逮捕されている。容疑者の自供により、共犯の栗林容疑者(30)が全国に指名手配中。遺体に目立った外傷はなく、死因は不明。発見されたときは死後3日ほどが経過していた。被害者が埼玉県内の児童自立支援施設からいなくなったのは2年前の夏で、当時14歳。2年の間どこで何をしていたのかはまだわかっていない。

参考:AERAdot. https://dot.asahi.com/wa/2014082000065.html

動画投稿サイトに「家出したい」と配信を行なった16歳(高校1年生)の少女を自宅に連れ込み、約1ヶ月間住まわせた誘拐容疑で、航空自衛隊入間基地1等空尉(38)の男性が逮捕された。容疑者は、困った人を助けたかったと供述。動画投稿サイトの運営者が、容疑者による「16歳の少女を囲っている」との書き込みを見つけて警察に通報したことから事件が発覚した。

参考:サンスポ http://www.sanspo.com/geino/news/20170316/tro17031617270010-n1.html

下の事件は、2017年8月の裁判で、被告の「職業は森の妖精」「今なら、からあげクン増量」などといった不可解な言動が話題になりました。こちらの事件は、誘拐事件ではありますが、ニュースで被告が家出を偽装したということが言われています。家出だと思っていた…というケースもあることです…。

2014年3月、寺内樺風被告(24)は、埼玉県・朝霞市で当時中学1年生の少女を誘拐し、約2年間にわたって千葉市や東京・中野区の自宅に監禁。少女に重度のPTSD(=心的外傷後ストレス障害)を負わせた罪などに問われている。2016年3月に寺内被告の自宅から逃げ出した少女が、公衆電話で助けを求めたことから逮捕につながった。被告は、「中学生の頃から女の子を誘拐したいという願望があった」などと異常な誘拐願望を語っている。

参考:産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/170829/afr1708290017-n1.html

>娘の家出の原因についてはこちら

>娘の家出のよくある行動パターンについてはこちら

>娘が家出したらどうする?親がとるべき行動についてはこちら

>娘が家出から帰ってきた!帰宅後、親のベストな対応についてはこちら