TOP » 生き別れた家族

生き別れた家族

生き別れた家族を探してもう一度会いたい…と考えている方に向けて、情報をまとめているページです。自力で探す方法、また、専門業者に依頼をして探してもらう方法を伝授しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

生き別れた家族を自分で探すには

自力で探す手段のひとつに、“住民票や戸籍を取り寄せる”いうものがあります。親や祖父母、兄弟といった親族や、債務関係のある人物など特別な理由があれば請求することが可能です。

戸籍には、「出生」「死亡」「婚姻」「離婚」「養子縁組」等の、身分事項にかかわる事が記載がされており、生死や既婚・未婚が分かるのです。

また、戸籍には「戸籍の附票」というものがあり、そこには住民登録上の住所も記載されています。つまり、現在どこに住民登録されているのかも確認できるのです。

ただ、場合によっては住民登録上の住所に住んでいなかったり、職権消除されていたりということがあり、そうなると実際どこに住んでいるのまでは突き止められません。やはり、探偵事務所などの専門機関に依頼するのが早いでしょう。

あとは、親戚や知り合いに情報を求めたり、FacebookなどのSNSを利用する手もありますね。

探偵事務所や興信所に依頼して探す!

上で紹介したように、住民票や戸籍をたどって探すことも可能ですが、これはあくまで身内の人間や正当な理由がある場合に限ります。

また、警察にお願いしたくとも、緊急性や事件性がなければ捜索してくれません。

そうなると、やはり有効なのは探偵事務所や興信所といった専門機関への依頼でしょう。もちろん依頼料はかかってしまいますが、信頼できる探偵事務所であれば、その料金に見合う成果は出してくれるはずです!

ちなみに、探偵事務所や興信所では、以下のような方法でスピーディーな人探しを行ないます。

  • データ調査
  • 関連人物の尾行、張り込み
  • 周辺への聞き込み
  • 警察犬調査
  • ドローン調査

実際に、探偵事務所に生き別れた家族探しを依頼し、見つかった人、見つからなかった人の口コミを紹介します。見つからなかったという人は、正直な話、選んだ探偵社・興信所が悪かった、その一言に尽きると思います。このサイトでは、本当にいい興信所の選び方なども紹介しているので参考にしてください。

>絶対に見つけ出してくれる探偵事務所の選び方はこちら

>都内で"本当に"人探しができる探偵事務所3社を比較

生き別れた家族を探偵に見つけてもらった人の口コミ

  • 物心がつく前に離婚してしまった母親に会いたくて、興信所に依頼をしました。まだ存命ということがわかり、意を決して連絡をしてみました。母も大変喜んでくれ、泣く泣く父に親権を渡したこと、連絡を取りたくないわけじゃなかったことがわかって本当にうれしかったです。
  • 親の離婚で兄弟で別々に引き取られ、連絡が取れなくなった兄を探してもらいました。情報が少なかったので、最初は「難しいかも」と言われたのですが、見つけていただき、再び兄弟の交流を楽しむことができました。

生き別れた家族が見つからなかった人の口コミ

  • 高いお金を払って依頼しましたが、見つかりませんでした。最初は「大丈夫です」なんて言われたのに、最後には「情報が少なすぎましたね」と…。とんでもない所にお願いしてしまったと後悔しました。