TOP » 【夫の失踪】原因・行動・調査方法全ガイド » まず家族がとるべき行動

まず家族がとるべき行動

夫の失踪が分かったときに家族がどうするべきなのかについて、くわしく解説しているページです。

夫が失踪…家族としてとるべき行動は?

夫の私物を調べる

夫の失踪が分かったら、まず何を持っていき、何を置いていったのかを確認しましょう。もし印鑑や通帳、常備薬といった大事な物を持ち出しているなら、計画的な失踪の可能性が高いでしょう。しかしそういった物がそのまま残っているなら、何かの事故や事件に巻き込まれて帰れなくなっていることが考えられます。対応を急いだ方が良さそうです。

また、「探さないでください」といった内容の置手紙や、遺書などが見つかる場合も。遺書が見つかってしまったら緊急事態なので、早急に警察へ連絡しましょう。ちなみに、部屋に残された私物はレシート1つでも重要な手がかり。絶対に捨てたりせず、そのまま残しておきましょう。パソコンも大きな手がかりになるので、むやみに触れないように。電源を入れるのも、新しい情報に書き換わり情報が取り出しにくくなるので禁物です。

携帯電話に連絡を入れる

もし携帯電話を持ち出しているようなら、連絡をとってみましょう。その際は感情的にならず、不用意に責め立てたりしないでくださいね。怒りたくなる気持ちも分かりますが、まずは無事に帰ってきてもらうことが大優先。とにかく心配しているという気持ちを伝えてみましょう。

会社や知人に連絡をとる

会社の同僚・上司や、友人・知人など、夫の行き先に関する手がかりを持っていそうな人に連絡してみましょう。失踪を周囲にほのめかしている場合もあります。

ネット上では、会社から無断欠勤の連絡があって、夫の失踪を知ったというケースも多かったです。

夫が行きそうな場所を探してみる

家から会社までの道のり、行きつけのお店、よく遊びに行くスポットなどを探してみましょう。そこに夫がいなくても、失踪の痕跡が残されている可能性もあります!

警察に届出をする

1日経っても連絡が取れない場合は警察に届出を出しましょう。失踪から現在に至るまでの間、事件や事故に巻き込まれていないかが確認できるはずです。ちなみに、届出を出したとしても、事件性や緊急性がないと判断されれば警察による捜索は行なわれません。しかし、だからといって事件や事故に巻き込まれていないとは限りませんね。今この瞬間にも危険な目に遭っている可能性はあります(時間が経つほどその可能性は高くなります)。一刻も早く見つけるためには、ぜひ探偵事務所など警察以外の機関を頼ることも検討してみてください。

最悪のケースになる前に探偵事務所への依頼も検討!

大人の男性の失踪では、自殺という一番最悪の形で幕が下りるケースも少なくありません。そのような事態を避けるには、やはり一刻も早く捜索をスタートさせるのが大事です。家出・失踪の捜索は初めの一週間が重要とされており、それを過ぎると発見の可能性はグンと下がるのです。

しかし、身内だけで行なう捜索には限界がありますし、警察もなかなか動いてくれません。手がかりを得られず時間だけが過ぎていく…ということにならないよう、ぜひ早めに、探偵事務所や興信所への依頼も検討しましょう。

このサイトでは、夫ではありませんが私の娘が家出した際に問い合わせた探偵事務所の費用や対応、もらったアドバイスなどについて書いていますので、ぜひ参考にしてください。

>夫の失踪…考えられる原因についてはこちら

>夫の失踪、よくある行動パターンについてはこちら

>自殺や事故のケースも。夫の失踪で気をつけたいことについてはこちら

>夫が失踪から帰宅した後の家族のベストな対応についてはこちら

失踪した夫を見つけ出せる探偵事務所の費用や対応はこちら