TOP » 家出や失踪に対する警察の対応 » 行方不明者届(捜索願)を届ける意味とは

行方不明者届(捜索願)を届ける意味とは

ここでは、「行方不明者届(旧捜索願)」について、解説をしていきます。届出先や届けを出せる人、用意しておくべき物なども分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしていただければと思います。

行方不明者届とは?

家出や失踪を警察に届け出る「行方不明者届」。現在はこの名称ですが、以前は「家出人捜索願」いわゆる「捜索願」という名称が使われていました。こちらの方が耳に馴染みがある…という方も多いかもしれませんね。

平成22年に「行方不明者発見活動に関する規則」が施行され、これに関わる用語の整理が行なわれたのです。これまで「家出人」と呼ばれていたのが「行方不明者」に改められ、「捜索願」は「行方不明者届」と改められました。

行方不明者届の出し方をチェック

行方不明者届を提出する際の届出先、届出人、届出の際に用意しておくべき物などを以下にまとめてみました。

  • 届出先
    ・行方不明時の住所または居所を管轄する警察署
    ・行方不明になった場所を管轄する警察署
    ・届出を行なう者の住所もしくは居所を管轄する警察署
  • 届出人
    ・親権をもつ親または後見人
    ・配偶者、内縁関係にある者、その他の親族
    ・行方不明者を現に監護する者
    ・福祉事務所の職員、その他福祉に関する事務に従事する者
    ・同居人(同棲相手等)、雇用主、その他本人と社会生活において密接な関係を有する者
  • 届出の際に用意しておくべき物
    ・本人の氏名、年齢、性別、住所、身体の特徴、その他特定に必要な事項
    ・行方不明となった日時、場所及びその状況
    ・原因、動機その他必要な事項、その他の特異行方不明者に該当するかどうかの判定に必要な事項
    ・発見した時の警察の措置に関する届出人の意思
    ・届出人の連絡先、身分証、印鑑など

※以上の他にも、行方不明者の写真や、捜索活動に必要と思われる資料の提出などを求められると思います。できるかぎり用意し、協力しましょう。

行方不明者届を出しても動いてくれるとは限らない!?

さて、行方不明者届の概要や出し方について詳しく説明してきましたが、実は、よほど危険性の高い家出・失踪でないかぎり、行方不明者届を出したとしても、警察はすぐには動いてくれません。

その理由については、こちらのページで解説をしています!

危険性の高い家出・失踪でないと警察がすぐに動かないワケとは?