行動パターン

ここでは、息子の家出後の行動パターンについて解説をしていきます。

家出後の息子の行動・行き先は?

息子が家出をしたときの主な行動パターンを、以下にまとめてみました。

友達や仲間の家に行く

友達・仲間の家に潜伏しているケースは多いです。現在同じ学校に通っている友達ではなく、昔の小学校・中学校の友達というケースもあるでしょう。大人の干渉が少ない友人宅や、一人暮らしをしている友人・知り合いがいれば、その家に転がり込んでいる可能性が大きいかもしれません。

現代の子どもは、ネットで親の知らない友人がいるケースも。こうなると、中々自力で探すことは難しくなってしまいます。

交際相手の家に行く

友達・仲間の家と同様、交際している相手の家に潜伏している可能性もあります。

近所をウロウロ

中学生ぐらいまでの子どもであれば、家を飛び出してはみたものの行き場所もなく、かといってすぐ家に戻ることもできず…という状況で近所をウロウロとしている可能性も高いでしょう。近所の公園やコンビニ、大型スーパー、ゲームセンターなど、自由に出入りができて比較的長時間いられる場所をあたってみましょう。

マンガ喫茶やネットカフェなどを利用

年齢によっては、マンガ喫茶やネットカフェといったお店を利用している可能性も考えられます。

インターネットで寝泊まりできる場所を探す

最近は、家出した少年少女が寝る場所を求め、「家出中なので誰か泊めてください」などとネット上に書き込んで見知らぬ人からの返信を待つ…という事例が多くみられます。このような書き込みができるサイトは「神待ち掲示板」と呼ばれており、大人が少年少女へのわいせつ目的で閲覧・利用していることも。学校の友達や仲間の家とは違い、親が想像もつかないような遠方へ行ってしまう場合もあり、事件に巻き込まれる危険性も高いので注意が必要です。

こういった事件は女の子だけのものと思っていたら、それは間違いです。少年を狙った犯罪も多くありますので、念頭に入れておいてください。

現代の子どもは行動範囲が広いので注意!

家出をした子どもが何歳なのか、お金をいくら所持しているのかなどによっても行動パターンや行ける範囲は違ってきますが、とにかく共通して言えるのは、現代の子どもは行動範囲が広いということ。

上で紹介したようにネット上で泊まれる家を募ることもできますし、また、親が知り得ないネット上での交友関係を持っている場合も多いでしょう。学生といえども、その行動力・行動範囲は馬鹿にならないのです。

さらには、暴力団に引き込むべく、家出中の非行少年を対象に暴力団員が声をかける…といった事例もあります。いずれにしても早く見つけないとさまざまな危険を招くことになるので、迅速に対応すべきです。

>息子の家出の原因についてはこちら

>息子の家出で起こりうる事件や事故についてはこちら

>息子が家出をしたとき、親はどうするべきかについてはこちら

>息子の帰宅後の正しい対応についてはこちら