行動パターン

ここでは、失踪した妻の行き先、行動パターンとして考えられるものを挙げ、それぞれについてくわしく解説していきます。

妻が失踪したときの
行き先・行動パターンをチェック

妻の失踪が本人の意思によるものだった場合、行き先や行動パターンとしてはどのようなものが考えられるのでしょう…?以下にまとめてみました!

ファミリーレストラン

少しの間一人になって気持ちを落ち着けたいといった程度の家出なら、ファミリーレストランは最適の場所です。ドリンクバーなどを頼めばある程度の時間いられ、経済的なうえにとても便利。寂しくなったら、友達などを呼んで食事やお茶をすることもできます。

知人・友人宅

男性と違い、女性の場合は友人・知人宅にお世話になるケースも多いようです。とくに、結婚している者同士で夫や家庭に対する不満を共有できる、既婚女性の家にいるケースが多いのだとか。心当たりがあれば、すぐに連絡をとってみましょう。

ビジネスホテル

多少お金はかかってしまいますが、完全な個室でゆっくりと一人の時間を過ごすことができます。また、テレビや音楽も楽しめ、お風呂やアメニティも付いていて快適。安全性も高いので、女性の短期の家出には最適と言えるでしょう。

不倫相手のところ

駆け落ちのような失踪をしている場合、不倫相手の家やラブホテルに身を寄せているケースも。不倫相手との将来を本気で考えている場合は、2人で新しい生活を始めるための住まいを借りているかもしれません。こうなってしまったら、自力で帰宅させるのはなかなか難しいでしょう。

実家

長期間の家出を考えている場合、やはり一番好都合なのは実家でしょう。食費も宿泊費もかかりませんし、愚痴や悩みも両親が聞いてくれます。夫としては、家出なんて妻の実家に知られたくない…と思うかもしれませんが、妻が心配なのであれば早めに実家へ連絡すべきです。

あてどもなく遠くへ

一人になって行ってみたかった場所へ行ったり、あてどもなく遠くへ行ってしまうようなこともないとは言えません。妻の洋服が部屋からなくなっている(減っている)、通帳や印鑑、まとまった現金を持ち出している…といったケースでは、遠くへ行ってしまっている可能性もあります。こうなると素人が見つけるのはなかなか難しいでしょう。しかし事件性や緊急性がなければ警察はとくに探してはくれないので、早めに探偵事務所や興信所といった警察以外の機関を使うことも検討しましょう。

>駆け落ちの可能性も?妻の家出・失踪で考えられる原因についてはこちら

>事故や事件も…妻の失踪で起こりうる事態についてはこちら

>妻が失踪!そのとき家族はどうするべきかについてはこちら

>妻が失踪後、帰宅したときの家族のベストな対応についてはこちら