探偵の人探し費用

ここでは、探偵による人探しの費用相場について、一般的なものを紹介しています。また、費用面を考えたときにどんな探偵事務所を選ぶべきか…なども解説しているので、ぜひ事務所選びの参考にしてくださいね。

探偵による人探しの費用相場をチェック!

多くの探偵事務所では、以下の表でまとめたA社・B社・C社のいずれかの料金システムパターンを採用しています。まずは表をチェックしてみてください!

A社 B社 C社
着手金 なし 15万円ほど なし
調査料金 50,000円前後(1日) 要見積もり 要見積もり
基本料金 25,000円~50,000円ほど 要見積もり 要見積もり
経費 込み 要見積もり 込み

しかし、当然ではありますが、実際にいくらの費用がかかるのかは家出・失踪した人がどのくらいで見つかるかによって違います。そのため、一概に人探しの相場を言うのは難しいのです。では、どんな探偵事務所を選べばよいのでしょうか…?

成功報酬制、時間稼働制の探偵事務所が安心!

まずは、やはり「しっかりとした調査力」を持っている探偵事務所を選ぶことが重要です。ひとくちに探偵事務所と言ってもその実情はさまざまで、本当に人探しができるところは正直多くありません。判断基準としては、「大手であること」「警察OBが在籍していること」「多様な捜索方法を持っていること」がポイントとなります。

また、費用面に関して言うならば、「成功報酬制」を採っているところがおすすめです。これは、捜索力に自信があるところでないと採用できないシステムだからです。さらに、「時間稼働制」を採用していれば尚おすすめ。これは、実働した分だけ支払うというもの。しかし、「時間稼働制」を謳っていても、実際は動いていない時間分もお金を持って行く探偵社・興信所があるのも事実らしいです…。そこで、より安全を期すには「時間稼働制で支払い、早く見つかった場合は返金します」という会社に頼みましょう。

正直、この時間稼働制による払い戻しシステムを採用しているところはほとんどないのですが、当サイトでは、採用している事務所を紹介しています。本気の人探しを検討している方はぜひチェックしてみてください。
最後になりますが、人探しは正直経費がかかるものです。にもかかわらず、やけに安い費用を提示している事務所があったら、少し疑ってください。中には、調査を無駄に長引かせて費用をまき上げるような事務所もあるのです。ホームページの情報だけでは分からないこともあると思うので、とりあえずは問い合わせをし、また実際に訪れて自分の目で確かめてみる(話を聞く)ことをおすすめします!

このサイトでは、都内で本当に人探しができる探偵事務所(興信所)3社の価格についても調査していますので、ぜひ参考にしてください。

都内で"人探し"ができる探偵事務所3社はこちら

探偵事務所への費用支払方法

調査費用はいつ支払うの?

探偵事務所への調査費用はいつ支払うのかという点は、気になる人が多いのではないかと思います。 支払いのタイミングも探偵事務所によってさまざまなのですが、大きく分けて3パターンあります。

一つは、事前に調査費用を全額支払うケース、もう一つが何割かを着手金として支払い、残りを調査報告時に支払うケース、次が着手金を支払った後、成功報酬金を支払うケースです。 いずれにしても、契約時に1円も支払わないということはないので、ある程度のお金は用意しておく必要があります。

成功報酬型の場合、どのラインを成功とするかで探偵とクライアント側でトラブルになることがあるようですが、人探しであれば成功の形が明確なのでトラブルは少ないと思われます。

支払い方法は選べる?

支払い方法も探偵事務所によって異なりますが、大きなお金が動くので、いろいろな支払い方法を用意している探偵事務所が多いです。

現金やクレジットカード、各種ローン、銀行振込などの支払い方法から選択できます。 ただし、小規模の探偵事務所では、くれた友人は利用できるけれどローンなどは対応していない場合がありますので、依頼をする前に可能な支払い方法についてきちんと確認しておきましょう。

調査費用が高額になるケース

「思っていたよりも調査費用が高額だった」というのは、探偵事務所を利用する中で珍しい話ではありません。依頼をする前に調査費用が高額になるケースを頭に入れておくことはとても大事。費用がかかってしまうのには大きく分けて4つの理由があります。

調査期間が長くなる場合

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、調査が難航して調査期間が長くなる場合、その分費用は高くなります。最初に想定した調査期間内に必ずしも望んだ結果が得られるとは限りません。

調査員が多く必要な場合

単純に調査員の人数が多ければ多いほど費用は高額になります。ただ、調査員が多ければその分効率的に調査を進められるので、結果的に早く調査を終えることも考えられます。

深夜や早朝に調査が必要な場合

一般企業でも、時給換算した時に残業代は通常よりも高くなります。それと同じで、営業時間外の調査は割り増し価格になる探偵事務所も多いです。浮気調査などは基本的に夜に行われることが多いので、深夜料金が追加されます。

調査対象者の情報が少ない場合

調査対象者の情報が少なかったら、その分手がかりが少ないということなので、調査に時間がかかってしまいます。費用を抑えたいのであれば、できる限りのことは自分で調べ、探偵事務所に情報を提供しましょう。

事例紹介

初恋の人を探した事例(期間:約3週間)

学生時代に通学時に見かけていた初恋の人を探してほしいという事例。 学生時代に見かけていた女性に恋心を抱いていたものの、声をかけることができないまま卒業。 相手の学校は分かっていたので、彼女と同じ高校に通っていた友人から聞いて名前は知っていたそうです。 その後卒業アルバムを見て連絡先も知っていたのですが、やはり連絡はできないまま連絡先も紛失してしまいました。

この事例では、当時から30年以上が経過していたということもあり、相手の行方を突き止めるのに時間がかかりました。 しかし、当時卒業アルバムを見せてくれた友人を見つけることができ、再度卒業アルバムを見せていただいて、対象者の実家の連絡先を把握。 幸い実家はそのままご両親が住まわれていたので、初恋の人の連絡先を伺うことができました。 依頼者は実家から遠く離れた地方に暮らしていましたが、幸い対象者は当時の自宅から近い場所に住んでいたため、3週間で居場所を突き止めることに成功。

調査期間は約3週間で、調査料金は経費込みで約18万円でした。 このうち、経費は約1万円。時間がかかっても初恋の人を見つけることができ、依頼者の方も大変満足されています。

家出人調査(期間:約3日間)

ある家出人の調査では、15年前に家出をして消息が分からない息子さんを探しました。 15年もの間音信不通だったので、調査はかなり難航すると思われましたが、幸い母親とメールでのやり取りを数回行っていたようで、その内容からある程度の行動範囲と職業を把握することができ、3日間で居場所を突き止めることに成功。

比較的早く居場所を突き止めることができたのは、数年に1回母親がメールを送っていて、そのメールに息子さんが返信をしていたこと。 職場などは教えてもらえなかったようですが、料理人として働いている旨を報告していたので、わかる範囲から飲食店を当たっていき、対象者が働いているか聞き込みを行いました。 結果、離れた地域で料理人として働いていることが判明し、無事連絡を取って自宅に戻られたそうです。

調査期間は短かったですが、聞き込みなどの調査に労力を要したため、調査費用は約20万円。 このうち、交通費などの経費が約15,000円でした。 しかしご両親は息子さんと会い、和解できたことに大変喜ばれていたようです。